Fika Online Shop
フィーカ | ナチュラルワイン専門オンラインショップ
フィーカ ナチュラルワイン
オンラインショップ

ビアンコ・バイヨラ 2017 / バイヨラ

会員登録で初回注文時500ポイントGET!!

Description

Bianco Bajola 2017 / Bajola

※こちらは、おひとり様1本まででお願いいたします。


ナポリ湾西部に浮かぶフレグレエ群島最大の島であるイスキア島。近年は温泉地、リゾート地として有名ですが、元来 は島の産業はすべてブドウ栽培で成り立っていた。ビアンコレッラやフォラステッラといった地ブドウが有名ではあるが、 起源を辿ると紀元前700年にギリシャ人が上陸し、イタリア、スペイン、フランスとワイン用のブドウが伝播した起源と言 われている。当主であるフランチェスコ イアーコノは、イスキア島で生まれ幼少期を過ごした。父の仕事の関係でミラノへと移り住 み、奇しくもワイン造りの道へ進み、エノロゴ(醸造家)としてフランチャコルタやアルトアディジェのワイナリーで働いてい た。40歳を過ぎ、父の死もあり親戚の残るイスキア島へ戻ったフランチェスコ。幼少期に見てきたイスキアのブドウ栽 培、ワイン造りの風景は大きく姿を変え、畑は放棄され町は多くの観光客で溢れていた。多くの農家が畑を手放し、残るワイナリーももちろんありましたが、彼曰く「イスキアにいる100%の造り手は、農薬、化学肥料に頼った栽培と、完全にコントロールされた大量生産のための醸造方法でしかない。」と言い切っていました。近代的なワイン造り、醸造を知り 尽くした彼だからこそ、現代の醸造学の問題点と、伝統的なワイン造りの素晴らしさを最も身近に感じていたと言いま す。この完全に淘汰されてしまったイスキアのワイン造りを復活させたい、そしてイスキアの原風景を取り戻すため、イスキアの土地でブドウ栽培、ワイン醸造をスタートします。 畑の標高は200mほど、急斜面の上に開けた0.7haの畑、マルヴァジーア、ヴェルメンティーノ、ソーヴィニヨンブラン、ヴィオニエなどを植樹した。畑では一切の農薬や化学肥料を使わずに、ビオディナミによる農法を行う。銅と硫黄物についても限りなく少ない量に留め、自然由来のエッセンスなどを代用する方法にチャレンジしている。「醸造学校で教えてきた身でありながら、実際に造るワインはそのタブーをことごとく踏襲したものばかり。矛盾していると思われるかもしれないけれど、学校で教えることは本当のワイン造りではない、モダンな画一化されたワイン、毎年変わらない味わいのワインを造るための技術であって、大量生産のための手段でしかない。自然というものと対峙して、ワインを造るためには、年による変化も、バクテリアや酸化の影響も受け入れていくのは当然の事。」醸造についてはすさまじい知識と情報量を持つフランチェスコ、しかし彼自身が本当に造りたいワインに必要なのは、知識でも技術でもない「自然と対峙する意志」と、状況を受け入れる「柔軟性」。イスキアという特殊な土地環境を生かした無理のな い柔軟な価値観と醸造哲学、イスキアのイメージを覆す、楽しみある造り手の一人です。

畑での仕事についてはもちろん素晴らしいのですが、何よりも特出すべきは、「突飛でありながらも、非常に理にかなっている醸造方法」にある、と考えています。ブドウ畑の中心にある貯水槽(雨水を貯め、農業用水を確保する。川や水路のない島ならではのもの)を有効活用!蓋を付けてセメントタンクに改造し、畑の中心で醸造を行うという、フランチェスコの言葉でいうところの「Vino in Vigna=畑の中で造られるワイン」。収穫してからの時間経過を最小限にすることで、醗酵時におきるリスクを限りなく減らす。結果SO2 などの添加を必要とせずにワインを造る、という価値観のもと造られます。 前回のヴィンテージ同様、揮発酸も高く、ピーキーな印象と、暑い年特有の果実的な密度と香り、そして何よりスムーズな飲み心地を持ったワインに仕上がっております。(インポーター資料より)

生産地域
イタリア(カンパーニャ)
生産者
タイプ 金額から探す 5,000円以内 イタリア(生産者別) カンパーニャ(生産者別) バイヨラ
タイプ
タイプ 金額から探す 5,000円以内 イタリア(生産者別) カンパーニャ(生産者別) バイヨラ
品種
ヴェルメンティーノ、ヴィオニエ

ソーヴィニヨンブラン、マルヴァジーアディリーパリ

インクローチョマンゾーニ、

容量
750ml
購入数
価格
4,290円(税込)
SOLD OUT

おすすめ商品

生産地域から探す

生産者から探す

金額から探す

タイプから探す